TUGARUYA 津軽屋PJ日記


自動車レース・クルマ趣味をメインに日々の出来事など  メールはこちら  t13aochann@yahoo.co.jp  です
by tugaruya1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
venuspoor.com
from venuspoor.com
venushack.co..
from venushack.com/..
whilelimitle..
from whilelimitless..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
「北のヴェネツィア」と呼..
from dezire_photo &..
ピラミッド式の実行部隊
from 哲学はなぜ間違うのか
セルバンテス『ドン・キホ..
from dezire_photo &..
大自然と旧市街が見事に融..
from dezire_photo &..
フェラーリ 250 ヨー..
from CAR DE SiGN
“新印象派”のどこが新し..
from dezire_photo &..
メモ帳
津軽屋イベントリポート

http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Rally/5227/newh/NEWhphyoudai.html
検索
ライフログ
タグ
(10)
(5)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

故宮博物館 象牙多層球に唸る

 さあ 次は象牙の多層細工球ですね。  これについては事前の情報が無くて何処にあるのか判りません。  何と言う呼称が正式なのかも判らず 仕方が無いので館内のアテンダントさんに「アイボリーボールはドコデスカ?」 と聞いたら通じました(^^;)

304号室だったかな。 そこには超絶技巧の細工物が集められていました。
d0140745_19335785.jpg

これはgogleさんのキャプですが 実際はもっと室内中央にあった記憶が。 
ただもうこの時点で室内は満員状態です。


d0140745_19360084.jpg
博物館のHPより。   私は丸い球だけかと思っていたら 縦に長い作りで相当に繊細かつ華奢な感じです。    もちろん展示物はアクリルの補強板が付けられてました。 

さらにはgogleの写真の通り この多層球の上にも化粧の細工物が嵌る様になっていて これは紫禁城でも取り扱い注意だったに違い有りません。 おそらく完全なるセットで直立して置いて置くのは無理なのではないでしょうか。 


■ 故宮象牙多層球とは


清 十九世紀作 広東 鏤彫象牙雲龍文套球

象牙球の製作は、まず材料となる象牙を旋盤で球体に整え、表面から球体の中心に向かって均等間隔に十四の円錐形の穴をあけた後、直角に曲がった鈎を用いて内側から外側へと自在に動く球を一層ずつ彫っていき、最後に各種装飾を施して完成となる。十九世紀に広東地域の象牙彫刻職人が製作したこの象牙球は直径が約12cmで、表面には高浮き彫りの九匹の龍が雲間を縫っている。内側の球には各種透かし彫りの幾何学文様が施され、球は全部で二十四層になっており、各層とも自由に回転させることができる。この象牙球には受け皿のついた象牙の台座に乗っており、帽子掛けを思わせる。台座底部には同じく雲龍文が彫刻され、その上には八仙人の透かし彫り、中央には九層の雲龍文の象牙球があり、その上の短い円柱には山水や人物が彫られている。精巧を極めた細緻な彫刻と複雑な手法により製作されたこの象牙球は、清代晩期における象牙工芸の代表作と言えよう。 (故宮HPより抜粋)



 なあるほどー 写真は綺麗に撮影してる物ですけど もう少し肉眼では白かったですね。

d0140745_19383364.jpg
 もちろん特殊な形状の刃を持つ彫刻刀でネチネチ一層づつ くり抜いていったのかと思われますけども 23層有るなら少なくとも23種類の微妙なサイズ違いのカーブを持つ刃物が必要な筈で 1mmぐらいの間隔で次の層との隙間を掻き出したとすれば 気の遠くなるような作業ですね。   さらに表面はご覧の通りの凝った彫刻だし中間の玉にも彫刻するのですから 何世代に渡って製作したってのも判る話です
 
現代ならリューターや旋盤などの現代的な工具を使って時間的には早く完成しそうですけども  一刀彫の先生よろしく手作業の刃物でこれだけの物を掘り込むとは恐れ入りますよホント。 



そちらかといえばミーハーな当方にはこの作品の方が白菜・角煮よりも 製作者の執念が判ると申しましょうか 凄いね感は明らかにこちらの方が上でした。



これは参考画像です 色目はもっと白いのですが 展示方法はこのカットが一番リアルに撮られてると思われます。  陶器ほどには無いにせよ象牙はやはり取り扱いは注意でしょう。   しかもこれだけ繊細な奴ですから。  今ではこの多層球を参考に類似な物が色々製作されている模様ですけども やはりこれがオリジナルでもあるし時代を踏んでる値打ちは何物もの及ばない存在感です。
d0140745_19532240.jpg
これは細かい形状に違いが見られるので あくまでも参考画像とします。




[PR]

by tugaruya1 | 2015-12-30 19:48 | 世界の美術館巡り
<< 象牙の食盆 故宮 角煮 >>